本文へスキップ

公益社団法人岩手県看護協会は県内の看護職が組織する専門職能団体です。

TEL. 019-662-8213

〒020-0117 岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

看護協会についてINFOMATION

 看護協会とは  事業内容  会員数・組織図 情報公開
 倫理綱領      

看護協会とは

 公益社団法人岩手県看護協会は、岩手県内に在住、または勤務する保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で組織された職能団体です。
 現在、岩手県内に就労している看護職は18,000人弱で、そのうちの約7,500人が看護協会会員となっています。
 新しい時代の県民のニーズに応え、健やかな暮らしに貢献する専門職として、より質の高い看護サービスを提供するために看護職一人ひとりの知識や技術、人間性を高めるための研修の開催、労働環境の整備、就労促進や訪問看護事業等の活動を行っています。また、広く地域住民の看護に対する期待に応えるために、県や市町村、関係団体等と協調を図り、地域の特性を生かした活動にも力を注いでいます。

会長あいさつ


会長就任のあいさつ

                             公益社団法人岩手県看護協会 会長 相馬 一二三

 令和4年度岩手県看護協会通常総会、改選役員選挙におきまして会長に信任いただきました相馬でございます。会長という大役を担うことになりましたが、新役員体制の下、当協会職員、一丸となり事業の推進に努めてまいりたいと思っております。
 会員の皆様方には、これまでと変わらぬご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
 さて、当協会では、日本看護協会の重点政策・重点事業と連動し、今年度は6項目を重点事業としました。その1つに「健康と療養を支える地域包括ケアの推進」を挙げております。
 医療の現場は、地域包括ケアシステムの構築に向けて、従来の「病院完結型」から「地域完結型」へ移行しています。これに伴い、看護の役割も拡大され「医療」と「生活」の両方の視点から療養支援や健康の維持・増進を図るなど、「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ切れ目ない看護が必要となります。今後は、全世代を対象とした多様なニーズに応じた支援ができるよう、多職種との連携強化や人材確保・人材育成、そして、働く環境の改善に取り組んでまいりた
いと思っております。
 また、日本看護協会では、看護職の専門性に資するタスク・シフト/シェアのガイドライン及び活用ガイドを公表しました。県内には、多くの病院があり、その役割・機能が分化されています。ガイドラインを基に、自施設の実情に照らし合わせながら、創意工夫していただくことも必要だと考えております。
 看護職の課題が山積しておりますが、会員の皆様方の声を大切にしながら、課題解決に向けてともに取り組んでまいりたいと思っております。
 最後になりましたが、会員の皆様方のご健康とご活躍を祈念いたしまして、就任のご挨拶とさせていただきます。

沿  革

昭和23年
日本助看保協会岩手県支部創立。
昭和54年
社団法人岩手県看護協会設立。
平成元年
岩手県看護研修センター竣工。
平成5年
協会立訪問看護ステーション(盛岡)開所。
平成11年
協会立訪問看護ステーション(二戸)開所。
平成12年
協会立訪問看護ステーション(東山・千厩)開所。指定居宅介護支援事業所盛岡開所。
平成15年
指定居宅介護支援事業所東山開所。
平成24年
公益社団法人岩手県看護協会へ移行。

バナースペース

公益社団法人岩手県看護協会

〒020-0117
岩手県盛岡市緑が丘二丁目4−55

TEL 019-662-8213
FAX 019-662-9550

newpage1.htmlへのリンク